So-net無料ブログ作成
検索選択

ボーイング787 トラブル 原因 [社会]

スポンサーリンク




ボーイング787 トラブル 原因

国内航空大手2社であるJALとANAが社運をかけて導入した最新鋭の中型旅客機ボーイング787型機。

最近トラブルが頻発していますね(ーー;)

昨日は、山口宇部空港を離陸し羽田空港に向かっていた全日空692便ボーイング787型機が16日の午前、機体のトラブルで高松空港に緊急着陸し、乗員乗客合わせて137人全員が脱出用シューターで脱出するという大事に・・・。

電気室のバッテリーから液体が漏れ、そこから煙が出ていたもよう。

地上走行中の燃料漏れや離陸前の燃料漏れ。窓ガラスのひび割れ。電気系統の不具合。最近、毎日ボーイング787のニュースを聞くような気がします。

搭乗されていた方は生きた心地がしなかったでしょうね・・・(。-_-。)

JALもANAも16日・17日のボーイング787の運行を中止したそうです。当然ですね。
一歩間違えば、大惨事になってしますので、徹底した原因究明と整備をしてほしいものです。

燃費が2割向上し、鳴り物入りで登場したボーイング787ですがこのところのトラブルを受けて、ボーイング787関連株は軒並み下げているようです。

ここいらで流れを止めないといけませんね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。