So-net無料ブログ作成
検索選択

大島渚 作品 戦場のメリークリスマス [映画]

スポンサーリンク




大島渚 作品 戦場のメリークリスマス

昨日なくなった、大島渚監督。

1959年に『愛と希望の街』で監督デビューをし、作品やメディアを通してタブーに挑戦し続けた人でした。

1976年の『愛のコリーダ』で「ワイセツである」として裁判沙汰になるも、「ワイセツのなにが悪い」とし、無罪を勝ち取りました。とうぜんですね。

つづく『愛の亡霊』で国際的な評価を確固たるものに。

1983年、日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画『戦場のメリークリスマス』、あのビートたけしさんや坂本龍一が出演されました。
ビートたけしさんは、「このことがきっかけで映画監督をやりたいと初めて思ったのかもしれない。」とコメントされています。いろんなかたに影響を与えたかたなんですね(^-^)
第36回カンヌ国際映画祭に出品され、グランプリ最有力と言われたが惜しくも受賞は逃したそうです。

そのほか、公開4日で中止となった問題作『日本の夜と霧』 (1960年)。在日韓国人の死刑囚を主人公とした『絞死刑』 (1968年)、『儀式』 (1971年)、最後の作品である『御法度』(1999年)などがあります。


エンターテイメント的な映画ではないそうですが、これを気に見られてはいかがでしょうか?



戦場のメリークリスマスの動画はこちら↓



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。