So-net無料ブログ作成
検索選択

コクリコ坂から 原作 [映画]

スポンサーリンク




コクリコ坂から 原作は『なかよし』(講談社)にて連載された、高橋千鶴(作画)・佐山哲郎(原作)の作品です。

全部で8話。少年漫画と違い少女漫画は短いですね(^O^)

タイトルの「コクリコ」はフランス語で「ヒナゲシ」を意味そうです。

あらすじ(wikiより抜粋)
乗った船が遭難し、行方不明となった船乗りの父と、仕事のためにアメリカに渡ったカメラマンの母を持つ小松崎海は、母の留守中、小松崎家を懸命に切り盛りしていた。

そのころ、海たちが通う港南学園では、新聞部部長の風間俊と生徒会長の水沼史郎が起こす騒動によって、生徒と教師が翻弄されていた。突如として新聞部によって発表される「ミスター・ミス港南」、物理法則をめぐる風間と水沼の賭け、制服廃止運動をめぐる風間と水沼の対立…。こうした一連の騒動を海は冷ややかに見つめていたが、制服廃止運動の敗北の責任を風間が一身に負わされるのを見て、いつしか海は風間を擁護する声を上げるようになる。風間もまたひたむきな海にひかれ、2人は交際を始める。しかし、ある日、水沼は風間に海と交際しないよう忠告する。




今日、金曜ロードショーで放送されますが、映画版はあの宮崎駿監督の息子・宮崎吾朗さん。

主演は長澤まさみさんと岡田准一さん(*゚▽゚*)放映時間は91分と結構短めです。

さてさて、私は原作は読んだことはないのですが、映画版はかなりのストーリー・設定変更があったようです。


映画版の感想は友人曰く、「独り身にはつらい。」だそうです( ̄▽ ̄)

楽しみですねo(^▽^)o


83019_201012160075457001292467157c.jpg





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。